トップページ > ブログ > 事務所ニュース > 士業連携は大事 紹介すること及び紹介されることが増えてきました。

[カテゴリ]事務所ニュース

士業連携は大事 紹介すること及び紹介されることが増えてきました。

ここ最近、弊所の顧客を士業に紹介するケースが増えてきました。

弊所のように会社設立をメイン業務に据えていますと

税理士の先生や行政書士の先生等との連携なしでの起業支援は難しいです。

 

士業はある意味、行政と同様に縦割りです。

会社登記分野は司法書士

税務の届出や設立後の税務・記帳・税務申告などの税務分野は税理士の先生

事業行うための許認可取得分野は行政書士の先生

などです。

起業するの人のほとんどは、会社の経営・運営は初めてですので、分からないことだらけです。

自分の本業分野でも不安を抱えながらのスタートなのに

「税務署への届出」をはじめ「年金・健康保険・雇用保険」のこと

不慣れな行政手続の連続です。

「専門家に頼りたいけど、知り合いにいない」

そんなときには、司法書士のネットワークを活用して下さい。

 

税理士の先生は、最初のお付き合いが始めると何か問題が生じない限り

変えるという機会は少ないと思います。

一方、司法書士はスポット(単発)契約が多いことから、

他の士業に比べて、専門家の変更はしやすいと言えます。

(司法書士である自分が言うのも変ですが。変な司法書士に当たったら

すぐに変更してもそれほど支障ありません。)

だからこそ、「税理士の選択」はとっても重要と言えます。

 

一般のサラリーマンやOLさんは、普段、士業にほとんど接点がないため、

いざ、「起業する」といったときに、専門家選びにとっても苦労されると思います。

司法書士は、本当に多くの専門家にお会いしています。

専門家選びは、信頼できる人柄かどうかはもちろんのこと、

例えば、税理士の先生の中でも、

・得意分野は何か

・お客様との相性(男性・女性、年上・年下、業種・・・)

・税務に関して手堅い対応を取るのか、きわどいところは当事者の判断に委ねる対応をするのか

というのも選択するための基準になってきます。

そういった基準は、たくさんの専門家に接していると次第に見えてきます。

そういった観点を考慮すると、

当然、このお客様にはA先生を、このお客様にはB先生をという形で、

お客様ごとに紹介する専門家は変わってきます。

 

「お客様にとってぴったりの専門家を紹介する」

「自由な意思のもとに専門家を選択してほしい」

というのが弊所の紹介に関する方針です。

決して、弊所にとって都合の良い専門家を紹介するというわけではありません。

弊所の紹介だからといって契約をしなければならないというわけではありません。

本当に自分に合った人と手を組まなければ、

お互いに嫌な思いをするだけですので、弊所への遠慮や気遣いは不要です。

 

一方で、おかげさまで、弊所を紹介して下さるケースもここ最近、急に増えてきました。

ご紹介頂いた方、ありがとうございます。

ご紹介頂くと、通常以上に「丁寧に」という気持ちが不思議に大きくなります。

ご期待に添えるよう全力でお手伝いしたいと思います。

各種お問い合わせ・お申し込みはこちら

プロフィール

名前
岸 洋輔(司法書士)
年齢
34 歳
血液型
B型
趣味
TV鑑賞
学生時代
野球少年。中学・高校で野球部に所属

最近の投稿

区切り線

Blogメニュー

区切り線

月別アーカイブ

区切り線

サイト内検索

区切り線

お問い合わせ

不動産登記

裁判・その他

横浜会社設立・会社変更登記コンシェル 司法書士岸事務所へのアクセス

横浜会社設立・会社変更登記コンシェル 司法書士岸事務所の代表者ブログ

ページの先頭へ