トップページ > ブログ > 新会社の内容・構成を決める > 株式会社の資本金の決め方

[カテゴリ]新会社の内容・構成を決める

株式会社の資本金の決め方

平成18年5月の会社法施行により、

最低資本金(1000万円)という制限がなくなりました。

簡単にいいますと、1円以上ならいくらでも良くなりました。

但し、いくらでも良いというのは登記手続上の話で、

融資、税制、許認可の点では注意が必要です。

 

融資の点では、少なすぎる資本金の場合は、

すぐに債務超過になってしまい、

金融機関からの融資が受けにくくなることがあります。

 

税制の点から、まず消費税について考える必要あります。

資本金が1000万円以上の場合には、1期目から消費税課税事業者となり、

消費税の課税対象となります。

1000万円未満であれば、

1期目は消費税非課税事業者となり、消費税の納税が不要です。

また、法人住民税の均等割税金は、資本金1000万円超になると税額が高くなります。

 

許認可の点では、許認可によっては、一定程度の資本金が

必要となる場合がありますので、事前に確認しておく必要があります。

各種お問い合わせ・お申し込みはこちら

プロフィール

名前
岸 洋輔(司法書士)
年齢
34 歳
血液型
B型
趣味
TV鑑賞
学生時代
野球少年。中学・高校で野球部に所属

最近の投稿

区切り線

Blogメニュー

区切り線

月別アーカイブ

区切り線

サイト内検索

区切り線

お問い合わせ

不動産登記

裁判・その他

横浜会社設立・会社変更登記コンシェル 司法書士岸事務所へのアクセス

横浜会社設立・会社変更登記コンシェル 司法書士岸事務所の代表者ブログ

ページの先頭へ