トップページ > ブログ > 会社設立の疑問を解決! > 会社実印って何ですか?

[カテゴリ]会社設立の疑問を解決!

会社実印って何ですか?

会社実印のことは代表印とも呼ばれますが、

今回は、統一させて頂いて

「会社実印」と表現させて頂きます。

会社実印とは

法務局に会社の代表者の印鑑として届出をした印章(ハンコ)

のことをいいます。

つまり、会社実印という名の印章があるわけではありません。

ハンコ屋さんで販売しているのは、会社実印に適した印章であるということです。

(それは、銀行印でも、個人実印でも同じことです)

 

会社実印を使用するシーンとしては、会社の登記手続では必ず使用します。

会社登記手続の書類に事前に届け出た会社実印を押印させることで、

虚偽の登記申請、なりすましによる登記申請を防止する役割を果たしています。

また、登記手続以外にも、金融機関から融資を受けるような重要な取引の場合には、

会社実印での押印と会社の印鑑証明書の提出を求められることがあります。

 

会社設立後に改印することもできます。

会社設立後に気に入った印章が見つかればそれを会社実印として届出することができます。

(同じ印章をずっと使わなければいけないわけではありません。)

使用していると、印章の一部が欠けたり、毀損する場合があります。

そのときは、速やかに改印手続きをしましょう。

会社実印を紛失した場合は、悪用されるのを防ぐため早期に改印の手続等をしましょう。

各種お問い合わせ・お申し込みはこちら

プロフィール

名前
岸 洋輔(司法書士)
年齢
34 歳
血液型
B型
趣味
TV鑑賞
学生時代
野球少年。中学・高校で野球部に所属

最近の投稿

区切り線

Blogメニュー

区切り線

月別アーカイブ

区切り線

サイト内検索

区切り線

お問い合わせ

不動産登記

裁判・その他

横浜会社設立・会社変更登記コンシェル 司法書士岸事務所へのアクセス

横浜会社設立・会社変更登記コンシェル 司法書士岸事務所の代表者ブログ

ページの先頭へ