トップページ >ブログ

ブログ[Blog]

更新日:2024年04月25日 テーマ:会社設立登記
役員、出資者が1名(同一人物)で不動産投資用、資産管理目的の法人設立依頼が増えています。
法人の種類は、株式会社もありますし、合同会社の場合もあります。
ひとりの場合はスピーディーに設立できる場合があります。
お急ぎの方はご相談ください。

小さなことでもお気軽にご相談、お問い合わせください。
更新日:2021年11月10日 テーマ:会社設立登記
2021年1月から本日までに受託した医療法人の各種登記の内容です。
他士業(届出、認可が必要なものは他事務所の行政書士が担当)と連携して
スピーディ―に対応しております。

・主たる事務所移転(管轄内)、目的等変更登記
・目的等変更登記
・設立登記
・主たる事務所移転(管轄外)登記
・役員変更、資産総額変更登記
・資産総額変更登記

更新日:2019年04月05日 テーマ:会社設立登記
1年も前の情報ですが、平成30年3月12日から、
法務局の会社の設立登記のファストトラック化
(優先的処理)が始まっています。

これにより、法務局は、株式会社及び合同会社の設立登記が原則として
申請の受付日の翌日から起算して3執務日目までに
完了するように取り組みを行うとされています。
なお、申請の多い時期は除くとされています。

それで実際は、どうなのかと申しますと
横浜地方法務局(本局)では、
平成31年3月1日に設立登記申請したものが
同日夕方に完了しております。
なお、完了予定日は、3月8日でした。

登記申請件数が多くなる平成31年4月1日以後である
4月3日に設立登記申請(横浜地方法務局)したものが
4月5日に完了しています。
なお、完了予定日は、4月16日でした。

かなり早いですね。
更新日:2014年09月25日 テーマ:会社設立Q&A
A.もちろん。依頼可能です。



既に税理士の先生が付いている場合でも、

会社設立手続のみ(定款認証、会社設立登記)をご依頼頂けます。

(当事務所の会社設立手続サービスは、税務顧問契約とセットではありません。)



打合せの中で、税務的な問題や税理士の先生に確認しなければならない事項

があった場合は、その税理士の先生に確認後、ご回答頂ければ結構です。
更新日:2014年09月24日 テーマ:会社設立Q&A
A.会社設立日は、株式会社設立登記を申請した日となるため、

  過去の日を会社設立日にすることはできません。
Blog メニュー
最近の投稿

ページの先頭へ